プラスチックカードを作る上で知っておきたい使い道とは?|Postcards Flyer
HOME>イチオシ情報>プラスチックカードを作る上で知っておきたい使い道とは?

耐久性の高いカードを作る

ショップのメンバーズカードや診察券など、様々な場面でカードは活用されています。しかし、使っていくうちに、紙製のカードはどんどん劣化していってしまいます。しかし、プラスチックのカードであれば、ある程度の劣化を避ける事は出来ます。ですので、悩んでいるのであればぜひ、プラスチック製カードを利用してみると良いでしょう。プラスチックカードは様々な印刷所で印刷してもらう事が出来ます。

プラスチック製カードの使いみち

no.1

社員証、学生証

1位になったのは社員証や学生証。毎日持ち歩く事になるので、より頑丈なプラスチックカードが人気となっています。また、最近では入退出の管理が出来るICカード機能が付いたものも人気です。

no.2

ショップカード

2位はショップカード。紙製品に比べてより高級感が出るという事から人気となっています。また、しっかりしたタイプのプラスチックカードから、薄めのプラスチックカードまで、ショップの特色に合わせてカードを作る事が出来る為、人気となっています。

no.3

診察券

最後に挙がったのは診察券。1位や2位に比べ、意見が少なかった診察券ですが、医院によって様々な印刷方法を選ぶ事ができるので、人気となりました。

紙で満足できないなら

カード

会員証や診察券など、紙でよいのなら家電量販店などで専用の用紙が売られているため、パソコンとプリンターを使って簡単に作成できます。しかし、紙の耐久性や見た目が気に入らなくて、プラスチックカードにしたいと考える場合もあるでしょう。そのときは、自作というわけにはいかないので、プラスチックカードに対応した業者に作成を依頼するとよいです。業者によって取り扱うプラスチックカードの種類は異なるため、まずは販売サイトに訪れて、どのようなものを作ってくれるかチェックしてみましょう。オプションもさまざま合って、氏名などを記入する欄を用意してくれたり、文字が浮きでるエンボス加工などをしてくれたりするので、希望通りのプラスチックカードを手に入れられます。

デザインは指定できる

プラスチックカードを作るときに、業者が用意したテンプレートを使うのもよいですが、どうせなら自身で用意したデザインを使いましょう。デザインデータをメールに添付したり配送したりすることで、それをそのままプラスチックカードに印刷してもらえます。

納期は相談できる

とにかくすぐにプラスチックカードが必要になったのなら、納期を相談できる業者を利用しましょう。業者によっては、別途で料金を支払えば、優先的に作成してくれるところもあるため、利用したいときに間に合うようにプラスチックカードが届きます。